メルマガ「医薬ニュースNOW」の過去の記事です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓継続の励みになります。応援よろしくお願い致します。↓

人気ブログランキングへ

-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

第90号【フィセチン(fisetin)の効果】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【医薬ニュースNOW】 第90号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、山川健太です。

医薬領域の第一線で活躍している人に向けて、注目ニュースを選び、
その概要をお届けします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆今回の注目ニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【フィセチン(fisetin)の効果】
--------------------------------------------------------------------
■情報源■
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2011-06/si-fcr062411.php
--------------------------------------------------------------------

イチゴに多く含まれるフラボノイドのフィセチン(fisetin)は,
糖尿病合併症を抑制することを示唆した研究結果が報告されています。

6月27日のPLoS ONEに掲載されています。

本研究グループによると,
フィセチンは培養下でニューロンの成長を促進することや
健康なマウスの記録力を高める作用が示されており,
フィセチンによる神経保護作用が期待されます。

この研究では,1型糖尿病のモデルマウスとして確立している
秋田マウスを用いて,フィセチンの効果が評価されました。

その結果,フィセチンの投与によって,
腎障害の所見や蛋白尿のレベルの低下が認められました。

さらに,フィセチンの投与によって,
不安症を示唆する行動の軽減も見られました。

また,この研究では,これらの効果の分子メカニズム
についても検討されており,
AGE(advanced glycation end-products:糖化最終産物)
がフィセチンの投与によって低下することを明らかとしました。

これらの低下は,AGEの除去に関与する
glyoxalase-1(グリオキシラーゼ1)活性が増加する
ことによって引き起こされることが示されました。

これまで,グリオキシラーゼ1活性を増加させるような
物質は見つかっていなかっため,
フィセチンによってグリオキシラーゼ1活性が
制御されているとの発見は,とても興味深いものであると
研究者は述べています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆チェックしよう!英単語!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

sunscreens :日よけ

insects:昆虫

Mediterranean Diet:地中海料理

celebrity :有名人

intriguing:興味深い

--------------------------------------------------------------------


ご意見はこちらまで↓
medicine.news.now@gmail.com

バックナンバーのデータベース:
http://medicinenewsnow.blog27.fc2.com/
山川健太のブログ(カプセルタイム):
http://ameblo.jp/capsuletime/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆あとがき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これまでフィセチンは前立腺癌に対する抗癌作用も報告されています。

なお,秋田マウスに投与したフィセチン濃度に到達するためには,
1日に37個のイチゴを食べる必要があるとのことです。

このため,フィセチンを作用をヒトで示すためには,
フェリチンの薬剤化が現実的と考えられます。


<<本メルマガについて>>
※本メルマガの内容は作者の興味に基づいて主観的に取り上げたものです。
※本メルマガの内容は医学的なアドバイスを意図したものではありません。
※医学的な行為は必ず医師・専門家の指導のもとに行ってください。
※作者の勘違い等で本メルマガの内容に間違いが含まれている場合もあります。
※間違いにお気づきの方は作者宛にメールを頂けると幸いです。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
発行者:山川健太
medicine.news.now@gmail.com
http://medicinenewsnow.blog27.fc2.com/

山川健太のブログ(カプセルタイム):
http://ameblo.jp/capsuletime/
――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
↓継続の励みになります。応援よろしくお願い致します。↓

人気ブログランキングへ

2011-07-01 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

メルマガ「医薬ニュースNOW」

ブログの更新は不定期ですので、最新の内容をチェックされる方は、こちらの登録をお願いします!

メルマガ購読・解除
 

検索フォーム

関連本

最新記事

ランキング登録

人気ブログランキングへ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。