メルマガ「医薬ニュースNOW」の過去の記事です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓継続の励みになります。応援よろしくお願い致します。↓

人気ブログランキングへ

-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

第9号【前例のない体重減少作用を示す薬剤】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【医薬ニュースNOW】 第9号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、山川健太です。

医薬の領域の第一線で活躍している人に向けて、注目ニュースを選び、
その概要をお届けします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆今回の注目ニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【前例のない体重減少作用を示す薬剤】
--------------------------------------------------------------------
■情報源■
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2011-04/dumc-eda040811.php
--------------------------------------------------------------------

EurekAlertで「前例のない体重減少を示した実験的薬剤」としてタイトルで
紹介されているのは、Qnexaという名の薬剤です。

Lancetで臨床試験の成績が報告されていますが、
Qnexaの低用量で7.8%の体重減少、高用量で9.8%の体重低下が認められています。
(プラセボの低下は1.2%)

また、体重減少だけでなく、以下に示すような心血管リスクに関する
パラメータの改善作用も認められています。
(以下、プラセボ、Qnexa低用量、Qnexaの高用量の結果)

拡張期血圧: -4.9mmHg, -6.9mmHg, -9.1mmHg
収縮期血圧: -3.9mmHg, -5.2mmHg, -5.8mmHg
総コレステロール: -4.9%, -5.7%, -7.8%
LDL: -3.6%, 0.7%, -4.3%
HDL: 2.8%, 9.5%, 10.7%
トリグリセリド: -8.8%, -24.1%, -25.6%
Hba1c(糖尿病患者): -0.1%, -0.4%, -0.4%
空腹時インスリン(前糖尿病患者): 6.0pmol/L, -29.2pmol/L, -31.9pmol/LM

一方、主な有害事象の発現率は以下の通りです。

ドライマウス (2%, 13% and 21%)
麻痺 (2%, 14%, 21%)
便秘 (6%, 15%, 17%)
不眠症(5%, 6%, 10%)
めまい(3%, 7%, 10%
味覚障害(1%, 7%, 10%)


この薬剤は、実は全くの新しい薬剤ではなく、
既存薬の配合剤(phentermineとtopiramate)です。

phentermineは、FDAに承認されている薬剤ですが、
心血管に対する作用をはじめ安全性に懸念のある薬剤です。
この配合剤で用いられている用量は低用量(7.5mg、15mg)です。

topiramateは、抗てんかん薬として知られていますが、
副作用として体重減少が知られています。

Qnexaは米国で申請されていましたが、2010年にFDAより
現状では承認できないことがQnexaの開発会社であるVivusに勧告されました。
FDAは、より多く安全性データを提出するように求めました。

近年、肥満治療薬の承認申請のハードルが高まっています。
その原因として、うつ病などの精神疾患の発症のリスクや
心血管イベントの発症のリスクなど、安全性の問題にあります。

Qnexaの今後に注目したいと思います。


--------------------------------------------------------------------

ご意見はこちらまで↓
medicine.news.now@gmail.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆あとがき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東京におりますが定期的な余震が続いており何とも落ち着かない状況です。
これだけ余震が多いと、建物の負荷がかかり、建物が弱くなっているのでは
ないかと心配になるのは、私だけでしょうか。


<<本メルマガについて>>
※本メルマガの内容は作者の興味に基づいて主観的に取り上げたものです。
※本メルマガの内容は医学的なアドバイスを意図したものではありません。
※医学的な行為は必ず医師・専門家の指導のもとに行ってください。
※作者の勘違い等で本メルマガの内容に間違いが含まれている場合もあります。
※間違いにお気づきの方は作者宛にメールを頂けると幸いです。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
発行者:山川健太
medicine.news.now@gmail.com
――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
↓継続の励みになります。応援よろしくお願い致します。↓

人気ブログランキングへ

2011-04-29 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

メルマガ「医薬ニュースNOW」

ブログの更新は不定期ですので、最新の内容をチェックされる方は、こちらの登録をお願いします!

メルマガ購読・解除
 

検索フォーム

関連本

最新記事

ランキング登録

人気ブログランキングへ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。