メルマガ「医薬ニュースNOW」の過去の記事です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓継続の励みになります。応援よろしくお願い致します。↓

人気ブログランキングへ

-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

第21号【あなたの・・は何型ですか?】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【医薬ニュースNOW】 第21号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、山川健太です。

医薬の領域の第一線で活躍している人に向けて、注目ニュースを選び、
その概要をお届けします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆今回の注目ニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【あなたの・・は何型ですか?】
--------------------------------------------------------------------
■情報源■
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2011-04/embl-wyg042011.php
--------------------------------------------------------------------

将来、手術時や入院時に血液型やアレルギーの
タイプだけでなく、”腸”のタイプを聞かれる
日が来るかもしれません。

ヨーロッパ分子生物学研究所の研究者によると
人の腸は3つのタイプに分類されるとのことです。

人は皆、腸内細菌を有しており、
腸内細菌によって食物の消化や解毒あるいは
ビタミンのや必須アミノ酸が産生されます。

人の腸内細菌の環境はランダムに生じるのではなく
大きく分けて3つのタイプに分けられます。

なぜ差が生じるのか定かではありませんが、
腸内最近に対する免疫の認識の違いや
細胞からの水素の排泄の仕方の違いなどが
原因の一つとして推測されます。

また、高齢者の腸内細菌は、若年者の腸内細菌に
比べて、炭水化物や糖質の代謝に関与する遺伝子が
より多く発現していることが認められています。

恐らくこれは、高齢者と若年者では
腸内の栄養素の環境が異なるためであると
考えられています。


--------------------------------------------------------------------

ご意見はこちらまで↓
medicine.news.now@gmail.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆あとがき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつの日か、腸内細菌のタイプが生活習慣病や大腸癌のマーカーとして
利用されるような日が来るかもしれないですね。

腸内の善玉菌といえば乳酸菌がすぐ思い浮かぶと思いますが、
将来的には腸内タイプ別の乳酸菌ヨーグルトなどが出てきたり
するのかもしれないですね。



<<本メルマガについて>>
※本メルマガの内容は作者の興味に基づいて主観的に取り上げたものです。
※本メルマガの内容は医学的なアドバイスを意図したものではありません。
※医学的な行為は必ず医師・専門家の指導のもとに行ってください。
※作者の勘違い等で本メルマガの内容に間違いが含まれている場合もあります。
※間違いにお気づきの方は作者宛にメールを頂けると幸いです。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
発行者:山川健太
medicine.news.now@gmail.com
――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
↓継続の励みになります。応援よろしくお願い致します。↓

人気ブログランキングへ

2011-04-29 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

メルマガ「医薬ニュースNOW」

ブログの更新は不定期ですので、最新の内容をチェックされる方は、こちらの登録をお願いします!

メルマガ購読・解除
 

検索フォーム

関連本

最新記事

ランキング登録

人気ブログランキングへ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。