メルマガ「医薬ニュースNOW」の過去の記事です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓継続の励みになります。応援よろしくお願い致します。↓

人気ブログランキングへ

-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

第191号【ガムを噛んで体重を減らす?】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【医薬ニュースNOW】 第191号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、山川健太です。

医薬領域の第一線で活躍している人に向けて、注目ニュースを選び、
その概要をお届けします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆今回の注目ニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第191号【ガムを噛んで体重を減らす?】
--------------------------------------------------------------------
■情報源■
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2011-11/su-cgl112111.php
--------------------------------------------------------------------

多くの人々は、体重を大きく減らすためには、
食生活を変え、運動をよくする必要があると考えています。

しかし、食後にガムを噛むだけで体重低下が得られる
としたらどうでしょうか?

Robert Doyle氏らの研究チームは、
この答えを出すための研究を進めています。

研究結果は、American Chemical Society's Journal
of Medicinal Chemistry誌のオンライン版に掲載されています。

PYYと呼ばれるホルモンは、
食欲やエネルギーを調整するホルモンであり、
食事をしたり運動をしたりすると、
PYYは血中に分泌されます。

血中に分泌されるPYY量は
消費されるカロリーの量に応じて増加します。

これまでの研究結果によると、
肥満患者は非肥満者に比べて、食前あるいは食後の
血中のPYYの量が低いことが示されています。

また、肥満患者または非肥満者に対してPYYを静脈内注射すると、
血中のPYY量が増え、消費カロリーが減ることが示されています。

「PYYは食欲抑制ホルモンであるが、
経口投与すると胃内で速やかに分解されてしまうため、
小腸から血中への移行が難しい」とDoyle氏は述べています。

そこで、Doyle氏らは、PYYを血中に運ぶためのシステムを検討し、
ビタミン12を荷台にしてPYYを血中に運ぶ方法を開発しました。

そこで、フェーズ1試験で試した結果、
血中に十分な量のPYYを運ぶことに成功しました。

次のステップは、ビタミンB12-PYYをチューインガムや
経口剤に含めることで、体重低下療法の補助薬を
開発することです。


--------------------------------------------------------------------
ご意見はこちらまで↓
medicine.news.now@gmail.com

バックナンバーのデータベース:
http://medicinenewsnow.blog27.fc2.com/

山川健太のブログ

カプセルタイム
http://ameblo.jp/capsuletime/

ほぼ日英語
http://blog.livedoor.jp/dailyeng/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆あとがき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

すごい発想ですね。
今後の研究の発展に注目したいと思います。


<<本メルマガについて>>
※本メルマガの内容は作者の興味に基づいて主観的に取り上げたものです。
※本メルマガの内容は医学的なアドバイスを意図したものではありません。
※医学的な行為は必ず医師・専門家の指導のもとに行ってください。
※作者の勘違い等で本メルマガの内容に間違いが含まれている場合もあります。
※間違いにお気づきの方は作者宛にメールを頂けると幸いです。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
発行者:山川健太
medicine.news.now@gmail.com
http://medicinenewsnow.blog27.fc2.com/

山川健太のブログ(カプセルタイム):
http://ameblo.jp/capsuletime/
――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
↓継続の励みになります。応援よろしくお願い致します。↓

人気ブログランキングへ

2011-11-28 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

メルマガ「医薬ニュースNOW」

ブログの更新は不定期ですので、最新の内容をチェックされる方は、こちらの登録をお願いします!

メルマガ購読・解除
 

検索フォーム

関連本

最新記事

ランキング登録

人気ブログランキングへ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。