メルマガ「医薬ニュースNOW」の過去の記事です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓継続の励みになります。応援よろしくお願い致します。↓

人気ブログランキングへ

-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

第119号【脳によるグルコース感知と肥満治療】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【医薬ニュースNOW】 第119号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、山川健太です。

医薬領域の第一線で活躍している人に向けて、注目ニュースを選び、
その概要をお届けします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆今回の注目ニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【脳によるグルコース感知と肥満治療】
--------------------------------------------------------------------
■情報源■
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2011-07/plos-tov072111.php
--------------------------------------------------------------------

脳によるグルコース感知の制御が崩れると肥満を誘発する
可能性があることを示唆する研究結果が報告されています。

PLoS Biology誌に掲載されています。

脳の視床下部は,エネルギー代謝と体重のバランスを
制御する役割を担っています。

エネルギー摂取と消費のバランスを維持するために、
脳の視床下部はインスリンやレプチンなどのホルモン濃度や
糖を含む栄養素を感知することで、体のエネルギーレベルを把握しています。

これまで視床下部によるホルモンを介した
摂食制御のメカニズムに関しては、
多くのことが明らかとなってきていますが,
視床下部による栄養素を制御のメカニズムに関しては、
ほとんど明らかとされていませんでした。

このような背景の中、今回報告された研究では、
マウスにおいて視床下部によるグルコース感知と
全身のエネルギーバランスの制御に、
hypoxia-inducible factor (HIF)が関与することが示唆されました。

HIFは、核内転写因子で、低酸素の反応を誘導します。
具体的には、HIFは組織の酸素レベルが低いときに活性化され、
細胞の代謝適応及び生存を促進させる作用があります。

このように細胞の代謝に関与することは知られていましたが、
全身の代謝のレギュレーションに関してHIFが重要な役割を
有するものか、明らかではありませんでした。

今回の研究では、マウスにおいてHIFはグルコールによって活性化され、
食欲の制御に関与していることが示唆されました。

さらに、分子細胞学的な解析によると、
HIFは、摂食や体重の調整に関与するPOMCの遺伝子の
発現を誘導することが明らかとなりました。

また、興味深いことに、遺伝子導入でマウスのHIFの活性を高めると
摂食量が多い状況でも肥満に対して抵抗性を示すことが示されました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆チェックしよう!英単語!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

hypothalamus:視床下部

gauge:測定する

--------------------------------------------------------------------


ご意見はこちらまで↓
medicine.news.now@gmail.com

バックナンバーのデータベース:
http://medicinenewsnow.blog27.fc2.com/
山川健太のブログ(カプセルタイム):
http://ameblo.jp/capsuletime/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆あとがき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

HIFは、抗肥満薬のターゲットとして興味深いと思います。
今後の研究に注目したいと思います。


<<本メルマガについて>>
※本メルマガの内容は作者の興味に基づいて主観的に取り上げたものです。
※本メルマガの内容は医学的なアドバイスを意図したものではありません。
※医学的な行為は必ず医師・専門家の指導のもとに行ってください。
※作者の勘違い等で本メルマガの内容に間違いが含まれている場合もあります。
※間違いにお気づきの方は作者宛にメールを頂けると幸いです。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
発行者:山川健太
medicine.news.now@gmail.com
http://medicinenewsnow.blog27.fc2.com/

山川健太のブログ(カプセルタイム):
http://ameblo.jp/capsuletime/
――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
↓継続の励みになります。応援よろしくお願い致します。↓

人気ブログランキングへ

2011-08-05 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

メルマガ「医薬ニュースNOW」

ブログの更新は不定期ですので、最新の内容をチェックされる方は、こちらの登録をお願いします!

メルマガ購読・解除
 

検索フォーム

関連本

最新記事

ランキング登録

人気ブログランキングへ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。