メルマガ「医薬ニュースNOW」の過去の記事です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓継続の励みになります。応援よろしくお願い致します。↓

人気ブログランキングへ

-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

第1号【高脂肪ファーストフードは健康に良くないが、それに追い打ちをかけるものとは!】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【医薬ニュースNOW】 第1号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、山川健太です。

医薬の領域の第一線で活躍している人に、注目記事を選び、
その概要をお届けします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆今回の注目記事 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【高脂肪ファーストフードは健康に良くないが、それに追い打ちをかけるものとは!】
 http://www.eurekalert.org/pub_releases/2011-04/uog-gac033111.php
--------------------------------------------------------------------
高脂肪は健康によくないが、カフェイン入りコーヒーでそれを流し込むことは
さらに健康によくないとの研究結果が Journal of Nutritionに発表された。

通常、私たちの体は糖分を摂取すると、膵臓からインスリンが分泌され、
インスリンの働きで高くなった血中の糖分は筋肉などに取り込まれる。

しかし、高脂肪を摂取すると、血中の糖分の筋肉などへの取り込み能力が低下し、
高脂肪食摂取時では32%も血糖値が高くなる。

加えて著者らは、高脂肪摂取後5時間後ににカフェイン入りコーヒーを摂取した
場合の影響を評価したところ、高脂肪食・カフェインコーヒーの摂取によって、
砂糖水を飲んだ時の血糖値が65%も高くなるとのデータが得られた。

この結果から示されることは、何をお昼に食べたかによって、
その後の食事の影響を受ける可能性があることである。

研究者は、最近話題のインクレチン(腸から分泌されるホルモン)の
影響も調査したところインクレチンの反応が高脂肪摂取後では鈍くなって
いることも発見した。

このことから、高脂肪とカフェイン入りコーヒーによる血糖値の上昇には、
腸と膵臓のコミュニケーションが悪くなったことによって引き起こされている
可能性が考えられる。

--------------------------------------------------------------------

ご意見はこちらまで↓
medicine.news.now@gmail.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆あとがき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

少しずつでも医薬ニュースをお届けしたいと思います。


<<本メルマガについて>>
※本メルマガの内容は作者の興味に基づいて主観的に取り上げたものです。
※本メルマガの内容は医学的なアドバイスを意図したものではありません。
※医学的な行為は必ず医師・専門家の指導のもとに行ってください。
※作者の勘違い等で本メルマガの内容に間違いが含まれている場合もあります。
※間違いにお気づきの方は作者宛にメールを頂けると幸いです。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
発行者:山川健太
medicine.news.now@gmail.com
――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
↓継続の励みになります。応援よろしくお願い致します。↓

人気ブログランキングへ

2011-04-29 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム

メルマガ「医薬ニュースNOW」

ブログの更新は不定期ですので、最新の内容をチェックされる方は、こちらの登録をお願いします!

メルマガ購読・解除
 

検索フォーム

関連本

最新記事

ランキング登録

人気ブログランキングへ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。